ハッセルブラッド

 

                

            500CM Planar C80/2.8                 500CM Planar CF80/2.8 GOLD

ハッセルブラッドは中判一眼レフカメラで最大のカメラシステムを構成するスウェーデンの会社です。

1948年にヴィクター・ハッセルブラッド氏が1600Fを発表。

この時レンズはアメリカ・ロチェスターのコダック製で純粋なヨーロッパ製ではありませんでした。

1952年  1000F

1957年  500C

1970年  500CM

1988年  503CX

1994年  501C   503CXi

1996年  503CW

1997年  501CM

この他に連写式のELタイプやビオゴンのレンズを使用したSWCタイプ、フォーカルプレーンシャッターの2000シリーズや

200シリーズ、フレックスボディやアークボディなどがあります。

またデジタルカメラにはCFV-50(Vシステム用)、H4D-31、H4D-40 などがあります。   

H4D-40フェラーリエディション(499台限定)は完売となり販売終了。

                                                   

 

お問合わせ

ホーム